Menu does not appear
-- SiteMap


Q&A よくある質問

4
放射線が原因と考えられるがんは、今も被爆した人たちに発生していますか?
4
放射線が原因と考えられるがんは今も被爆者に発生しています。白血病の過剰例数は、特に子供の時に被爆した人たちに顕著に見られ、被爆後10年間が最も多かったのですが、その後は時間の経過と共に減少し、現在ではほとんど過剰例数は見られなくなりました。これに対して、白血病以外のがん(固形がん)の 過剰リスク は現在も続いており、被爆者の生涯を通じて認められると思われます。